診療案内Medical

Cosmetic Dentistry審美歯科

このような悩みはありませんか?

  • 歯並びが悪くて気になる
  • 歯の色の黄ばみや黒ずみが気になる
  • 人前で思いっきり笑えない
  • 歯のかぶせ物が多く的になる
  • 噛み合わせが悪くて気になる

美しく健康な歯はあなたの笑顔を100倍素敵にする治療です。

審美歯科とは、従来のむし歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。

審美歯科治療は一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。お口の健康は咀嚼機能や発音に影響を及ぼし、それに伴い全身の健康管理や社会生活に支障が出るものです。つまり審美治療は歯の健康をとりもどすだけでなく、将来のリスクを少なくする治療法でもあるのです。

また、歯の色や形、歯並びにコンプレックスがあり口元を見せる事に抵抗がある方もいらっしゃいます。審美歯科ではそういう部分を修正して、より美しく、自然感を与えるために行われ、その結果、美しく健康的な笑顔を作り、自分に自信を持てコンプレックスを解消することができます。

こんな方にお勧めです

  • 銀歯が気になる
  • 白い歯にしたい
  • 神経を取った歯の黒ずみが気になる
  • 金属アレルギー
  • 短期間で歯の形をきれいにしたい
  • 口元が気になって口を開けて笑えない

審美歯科のメリット

  • コンプレックスの解消
  • 強度があり割れにくい
  • 天然の歯に近い色合いで自然
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 長年使用しても変色しない
  • 歯並びがよくなり全身の健康につながる

遠山ビル歯科の審美歯科

ラミネートニベア

前歯を0.5~0.7mm程度削り、セラミック製の板を貼り付けます。前歯の色が白くなるだけでなく、形や大きさを整えることができます。前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だなど、また、前歯の治療に使用し、歯と歯の間のすき間も改善することができます。仕上がりもごく自然に出来上がり、ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。

オールセラミッククラウン

オールセラミックとは金属を一切使わず、すべてにセラミックを使用したかぶせ物です。
金属を使用しないため見た目が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。審美歯科治療の中でもとりわけ審美性の高い仕上がりで、耐久性も優れ強度にも優れているので、奥歯のブリッジなどにも使用することが可能です。

オールセラミックについてはこちら

セラミックインレー

虫歯の範囲が大きい場合に、保険診療ですと型をとって歯の一部分に金属の詰め物をします。しかし、奥歯の銀歯などが目立って気になるので白くしたい、金属アレルギーが気になるという方もいらっしゃいます。また、金属の詰め物は、その色によって目立つだけでなく、長い間使用していると金属イオンが流出して歯ぐきが黒ずむことがあります。セラミックインレーでは、セラミック製のため経年的な変色がなく、天然の歯と同じような白い色にすることができる審美的メリットがあります。

ホワイトニング

歯のホワイトニングとは、歯を漂白して歯磨きやクリーニングでは落ちない歯の黄ばみを削らずに白くする治療方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。

ホワイトニングについてはこちら

上記のように審美歯科治療として様々な方法があります。その他にも歯並びを治す「矯正治療」や、前歯が無いために見た目や発音に支障が有る人の「欠損補綴治療」として「インプラント補綴」などがありそれらも審美歯科治療になります。

インプラントについてはこちら

審美歯科治療の流れ

  • Step01

    カウンセリング

    まずは、治療を行っていく上で参考となる情報について患者様から話を聞きます。どの治療法が適当であるのか、治療時間・期間、費用などについて審美治療の提案をします。
  • Step02

    検査・診断

    レントゲンを撮って骨の状態を見たり、刺繍ポケットの深さの検査など歯周病の状態の確認、虫歯の有無などを調べ、診断します。
  • Step03

    基本的な治療

    虫歯治療や歯石のクリーニングが必要な場合は、審美治療の前に病気自体の治療を優先します。それらの治療後に審美治療を行います。
  • Step04

    審美治療

    口腔内が健康な状態になったところで、歯並び、歯の色、噛み合わせなど、総合的な歯の美しさと機能の改善を行っていきます。治療回数は行う審美治療により異なります。
  • Step05

    治療完了

    患者様の納得のいく色、形に仕上がっているか確認します。治療をしたあとの状態を維持するための管理方法、今後のメインテナンスなどについてお話してきます。
  • Step06

    治療後のメインテナンス

    歯並びをきれいにして歯を白くしたとしても、日頃のご自身のお手入れを怠ると、虫歯や歯周病になってしまいます。ホームケアと定期的に歯科での検診を受け、クリーニングを行うことによって健康に保つことができます。

お気軽にご相談ください。

歯には機能的な側面(食事を摂取するなど)と、審美的な側面(見た目の美しさ)があります。
どんなに高価できれいな歯が入っても、歯周病など歯茎が赤く腫れているようでは、「審美的」とはいえません。

当院ではその両方に焦点を当て、患者様の希望を取り入れ、治療内容、治療期間、費用、治療に伴う苦痛、歯に対するダメージ、どれくらい長持ちするかなど、すべてのバランスを考えながらいちばん適した治療方法を選択し提案していきます。

つまり口元の健康と健康美を求めていこうというのが、私たち遠山ビル歯科の考える審美歯科治療です。
患者様によって悩みも様々ですので、まずはカウンセリングによって十分に話し合うことが審美歯科の第一歩です。

ご相談は随時承っておりますので、お気軽にご相談ください。

All Ceramicオールセラミック

オールセラミックによる審美歯科治療

これまでは虫歯などの治療には金属製の「銀歯」などを用いるのが一般的でした。 銀歯は保険適用範囲内で治療することができ、丈夫なため、現在でもほとんどの歯科医院で選ばれています。
しかし、銀歯は口を開けたときにどうしても目立ってしまうため、どうにかしたいと考えている方が多いのは事実です。 また、金属アレルギーの方は使用できないという点も大きなデメリットです。

そこで誕生したのが、金属を使用せず、金属と同等の強度をもつジルコニアを使用した「ジルコニアオールセラミック」です。セラミックは丈夫な上に、本物の歯と見分けが付かない質感や美しい白さが特徴の素材です。周りの歯に合わせて微妙な色の調節もできるため、どんなに近くから見ても、人工物が入っているとは思えないほど美しい口腔内が実現します。 もちろん、噛み合わせなどの機能面も本物の歯と変わりません。

メタルセラミックを越えた美しさ

  • ジルコニアオールセラミック

    ジルコニア オールセラミックはセラミックだけを使用したオールセラミックのなかでも最新の素材であり、金属によるデメリットは全て解消されます。 オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、 強さとしなやかさまでも兼ね備えた、まさに審美歯科治療にとって理想の素材なのです。 金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。 また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。
    オールセラミックは、お口の中のどの部分にも、様々な形で装着できますので、カウンセリングによって患者様のお口に合った最善の治療法をご提案させていただきます。
  • メタルボンド(従来の素材)

    これまでは、より審美性の高い口腔内を実現するために金属にセラミックを被せた「メタルボンド=メタルセラミック」が活用されていました。 しかし、金属を含むために光を透過せず、透明感のない歯になってしまうことや、金属が溶けて歯茎が変色するという問題があります。

歯をきれいに白くするには?

  • オールセラミッククラウン

    ジルコニア オールセラミッククラウンは、文字通りすべてジルコニアという最新のセラミック素材でできているクラウン(被せ物)です。
    自然な光を透過する優れた審美性があり、他の歯を傷つけません。強さと、しなやかさを兼ね備えた理想的な材料です。
    また、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方も安心してご利用できるという利点もあります。
  • オールセラミックインレー

    インレーとはいわゆる歯の「詰め物」のことです。そして、これまでインレーに用いられる素材の多くは、強度を重視して金属が用いられていました。 確かに金属を使用することで充分な強度が確保できるため、噛み合わせの際に大きな力がかかっても破損することがありません。
    しかし、金属が抱える問題もまた多く、金属アレルギーによる健康被害に不安を感じる方も多いのです。
    そして、金属を使用することによるもっとも大きな問題となるのが「目立つ」こと。
    治療箇所が多ければ歯の中は金属だらけになり、ちょっとした会話でも目立ってしまいます。
    そこで開発されたのが、強度に優れたセラミック「ジルコニア」で強度を補った「オールセラミック」によるインレーなのです。

金属を使わないから安心のオールセラミック

口の中の金属の影響が、手や顔に出ることがあるのをご存知でしょうか?
当院では、金属を一切使わないオールセラミックによる治療により金属アレルギーの心配は一切ありません。
セラミックで修復すると、セラミック自体の透明性を活かすことができ、天然の歯に似た色調を再現することができます。
また、金属を一切使わないので金属面が見えたり、歯と歯茎の間が黒くなりません。

Whiteningホワイトニング

最高の笑顔をもっと美しく
ホワイトニングで白い歯に

ホワイトニングはこんな方におすすめです

  • 今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたいと思う方
  • 自然な色の仕上がりを希望されている方
  • 遺伝による歯の黄ばみや変色が気になる方
  • 加齢変化による歯の黄ばみが気になる方
  • 挙式を控えている方
  • 自分の笑顔にもっと自身を持ちたい方

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとはクリニックで行う歯のホワイトニングのことです。
医院内で専用の機材を使用し、プロの手でホワイトニングを行います。ホワイトニング専用の薬剤を塗り、さらに光線を当てて薬液の効果を高めますので、1回でも歯を白くする効果が高く、手間をかけずに歯を白くすることができます。
毎日続けるのが大変という方や、自分で行うのが不安な方、プロの技術で的確に白くしたいという方にお勧めです。
  • Step01

    カウンセリング

    患者様のご希望など、お話をお聞きします。口腔内の様子を拝見し、オフィスホワイトニングについてご説明します。
  • Step02

    検査・診断

    ホワイトニングが出来るかどうか、検査をします。虫歯、歯周病等の疑いがある場合は、レントゲンを併用しての診査を行います。問題なく行えると判断された場合、歯の色の診断も行い、写真を撮ります。
  • Step03

    クリーニング

    歯の表面についた汚れ(歯石や茶しぶ、タバコのヤニ等)を除去し、歯の表面を研磨します。
  • Step04

    唇、歯肉の保護

    ホワイトニングジェルが歯肉に付着しないように、ガーゼで唇を保護し、歯肉に保護剤を塗布してガードします。
  • Step05

    ホワイトニングジェルの塗布・照射

    ホワイトニング剤を歯の表面にぬり、合計30分~45分間専用のライトで照らします。(個人差により照射時間が変わることがあります。)最後に再度歯の表面を磨きます。
  • Step06

    終了

    薬剤を除去し、歯の表面を磨いて完了です。施術完了後の歯の色の診断を行い、歯科医師からホワイトニング後の注意点についての説明がありますので、お聞きになってからお帰りください。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、患者様ご自身で歯のホワイトニングを行って頂く方法です。
歯の型を採らせていただき、専用のマウスピースを作ります。ご自宅でトレーの中に薬液を入れ、歯に装着して一日数時間、数日間装着し、ホワイトニングを行っていただきますので、オフィスホワイトニングとは違い通院の必要がありません。
  • Step01

    カウンセリング

    患者様のご希望など、お話をお聞きします。口腔内の様子を拝見し、ホームホワイトニングについてご説明します。
  • Step02

    検査・診断

    ホワイトニングが出来るかどうか、検査をします。問題なく行えると診断された場合、歯科医師による検査直後ホームホワイトニングに使用するマウスピースを作るための歯型を撮ります。
  • Step03

    クリーニング

    必要に応じてホワイトニング前に歯のクリーニングを行います。ホワイトニング効果を高めるために歯の着色(茶しぶ、タバコのヤニ)を取り除きます。
  • Step04

    薬剤お渡し

    ホームホワイトニングで使用するマウスピースとホワイトイニングジェルをお渡しし、使用方法などの説明をいたします。
  • Step05

    ご自宅でホワイトニング開始

    専用のホワイトニング材をマウスピースに入れ、自宅で毎日決められた時間に装着します。装着時間は症状や年齢によって異なります。主治医の指示により所定の装着スケジュールや装着時間がありますので指示に従って行ってください。
  • Step06

    終了

    個人差はありますが、2週間ほどでかなり白くなります。治療後もホワイトニングの効果が持続するように、定期的に歯のクリーニングをすると効果的です。

白さを保つには?

ホワイトングが終了し、得られた歯の白さになっても、その後何もしなければ「後戻り」といって再びエナメル質の構造が以前の状態に戻ってしまう状態と、食物などの日常生活による外来性の着色(茶渋やヤニ・歯石・プラーク)による「再着色」によりだんだんと色調がくすんできます。

ホワイトニングの白さを維持する為には、定期的なクリーニング(1~3か月に一度程度)と定期的なホワイトニング(タッチアップ)が必要となります。詳しくは当院にご相談ください。