診療科目
歯周病治療

歯周病は「国民病」と呼ばれるほど成人の約80%の人がかかっているか、もしくはその予備軍と
言われており、最近では生活習慣病の一つとされています。

歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)
と言う事です。つまり歯を守る為には、早期発見・早期治療と治療後の定期的なメインテナンス
が不可欠といえます。

当院では、歯周病の進行に応じても最適なメニューを患者さんごとに計画して治療を行なってい
きます。

歯周病とは?

歯周病とは歯そのものを傷める虫歯とはちがい、 プラークに棲んでいる歯周病
菌が毒素を出すことによって歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える歯周組織や顎
の骨を破壊してしまう病気です。

はじめは歯肉から出血しやすくなる程度ですが、だんだん進行すると歯垢が石
灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯
肉に付着している部分に隙間(歯周ポケット)ができます。さらに炎症が歯肉
の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだ
ん弱くなります。 この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになり
ます。

虫歯の段階と治療法

歯周病の第一の原因は、先ほど述べたようにプラーク(歯垢)です。しかし歯をあまり磨かなく
ても歯周病にならない方もいれば、一生懸命みがいても少しづつ悪くなる方もいます。

生まれつきの、遺伝的な因子や右の図のような後天的な因子によって影響を受けるということが
わかっています。つまり患者様一人一人異なった要素が多くをしめており、これは糖尿病や高血
圧症などのいわゆる生活習慣病の成り立ちと似ています。

歯周病の症状
軽度の歯周炎
骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失したもの。歯肉の炎症が進
行すると歯と歯肉の付着器官が溶け、歯周ポケットができ、歯を支え
ている骨(歯槽骨)が溶け始めます。
中度の歯周炎
骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3~1/2程度まで消失したもの。
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいも
のや熱いものがしみたりすることもあります。歯石が歯周ポケット
の奥にますます付着し歯肉が張れ、膿が出てきます。口臭も徐々に
ひどくなり歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ
動きます。
重度の歯周炎
骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/2以上消失したもの。
歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出、最後は抜けてしまいます。
こんな症状ありませんか?

まずは、ご自身の今の状況をチェックしてみましょう!上記の項目のうち、心当たりのある項目
が1つでもある場合は、歯周病を疑う必要があります。なるべく早く、診療を受けることをおす
すめいたします。また、歯周病は、初期段階での自覚症状があまりないので、検査を受けてはじ
めて症状を知る患者さんもたくさんいらっしゃいます。上記のような症状がなくても、とりあえ
ず診察を受けることも歯周病予防の第一歩です。

歯周病が原因で起こる体への影響

歯周病は、実は口腔内だけの症状に留まる病気ではありません。次のような、さまざまな全身疾
患などの引き金にもなるのです。

肺炎

だ液に含まれた歯周病菌が気管に入ると、肺の周辺組織が炎症を起こし、ひどい
場合には肺

早産

歯周病菌が血管を通じて体内に入ると、血栓ができやすくなります。それによっ
て心筋梗塞や動脈硬化などの疾患が引き起こされることがあります。

心臓疾患

歯周病菌が体内に入ると筋肉の収縮が起こり、陣痛のような状況を引き起こすこ
とがあります。これによって、早産や低体重児出産を引き起こすことがあります。

糖尿病

歯周病と糖尿病は特殊な関係にあります。糖尿病を患う人は歯周病になりやすく
、また歯周病にかかると糖尿病が悪化しやすいことがわかっています。

歯周病の治療

基本的には以上のような流れで治療が行われますが、必要に応じて膿の切開や薬物投与、歯の固
定などが行われることもあります。また、進行した歯周病の場合で回復不能と判断された歯は、
無理に残しておくと健康な歯にまで悪影響を与える可能性があるので、早期に抜歯する場合もあ
ります。歯周病が改善した後は抜けた歯を補う処置(入れ歯、インプラントなど)や、歯と歯を
ブリッジで繋いで力を分散させる処置などが行われます。

詳しいインプラントの説明はこちら
メンテナンスの重要性

歯周病治療は全ての治療が完了してからがスタート地点となります。
再発防止には定期的な検診に加え、患者様ご自身のホームケアが重
要となってきます。

口腔内の状態、歯の位置、年齢などで年齢でブラッシング方法
は異なってきますので当院では、個々に合った正しいブラッシ
ング指導を行います。

定期健診は初めは1ヶ月ごと、次は2ヶ月ごとというように徐々に
メンテナンスの期間をあけて行き、最終的には3ヶ月から4ヶ月に1回程度のメインテナンスを行
います。(口腔清浄状態に応じて個々に期間を設定いたします。)歯周病治療は適切な治療との
両者一体ではじめて歯周病治療を成功に導くことができるのです。

メンテナンスの重要性
身体の健康はお口から

当院では歯周病とはどんな病気か、また患者様一人一人の歯周病の進行具合を説明し、十分ご理
解頂いたうえで治療を開始しています。
お口の健康はあなたの全身の健康の基本です。健康な体を作る第一歩としてあなたのお口の健康
状態を検査しに受診することをおすすめします。お気軽にご相談ください。

歯周病に関する無料相談実施中
03-5640-2561お気軽にお問い合わせください
簡単ネット予約
活動報告
診療科目
  1. インプラント
  2. 一般歯科
  3. 予防歯科
  4. 歯周病治療
  5. 審美歯科
  6. ホワイトニング
  7. 顎関節症
  8. オールセラミック
page top