診療科目
オールセラミック
オールセラミックによる審美治療

これまでは虫歯などの治療には金属製の「銀歯」などを用いるのが一般的でした。 銀歯は保険適用範囲内で治療することができ、丈夫なため、現在でもほとんどの歯科医院で選ばれています。
しかし、銀歯は口を開けたときにどうしても目立ってしまうため、どうにかしたいと考えている方が多いのは事実です。 また、金属アレルギーの方は使用できないという点も大きなデメリットです。

そこで誕生したのが、金属を使用せず、金属と同等の強度をもつジルコニアを使用した「ジルコニアオールセラミック」です。セラミックは丈夫な上に、本物の歯と見分けが付かない質感や美しい白さが特徴の素材です。周りの歯に合わせて微妙な色の調節もできるため、どんなに近くから見ても、人工物が入っているとは思えないほど美しい口腔内が実現します。 もちろん、噛み合わせなどの機能面も本物の歯と変わりません。

メタルセラミックを越えた美しさ
ジルコニアオールセラミック
ジルコニア オールセラミックはセラミックだけを使用したオールセラミックのなかでも最新の素材であり、金属によるデメリットは全て解消されます。

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、 強さとしなやかさまでも兼ね備えた、まさに審美歯科治療にとって理想の素材なのです。 金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。
また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。
オールセラミックは、お口の中のどの部分にも、様々な形で装着できますので、カウンセリングによって患者様のお口に合った最善の治療法をご提案させていただきます。

メタルボンド(従来の素材)
これまでは、より審美性の高い口腔内を実現するために金属にセラミックを被せた「メタルボンド=メタルセラミック」が活用されていました。 しかし、金属を含むために光を透過せず、透明感のない歯になってしまうことや、金属が溶けて歯茎が変色するという問題があります。
歯を綺麗に白くするには?
オールセラミッククラウン
ジルコニア オールセラミッククラウンは、文字通りすべてジルコニアという最新のセラミック素材でできているクラウン(被せ物)です。
自然な光を透過する優れた審美性があり、他の歯を傷つけません。強さと、しなやかさを兼ね備えた理想的な材料です。
また、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方も安心してご利用できるという利点もあります。
オールセラミックインレー
インレーとはいわゆる歯の「詰め物」のことです。そして、これまでインレーに用いられる素材の多くは、強度を重視して金属が用いられていました。
確かに金属を使用することで充分な強度が確保できるため、噛み合わせの際に大きな力がかかっても破損することがありません。

しかし、金属が抱える問題もまた多く、金属アレルギーによる健康被害に不安を感じる方も多いのです。
そして、金属を使用することによるもっとも大きな問題となるのが「目立つ」こと。
治療箇所が多ければ歯の中は金属だらけになり、ちょっとした会話でも目立ってしまいます。
そこで開発されたのが、強度に優れたセラミック「ジルコニア」で強度を補った「オールセラミック」によるインレーなのです。

金属を使わないから安心のオールセラミック

口の中の金属の影響が、手や顔に出ることがあるのをご存知でしょうか?
当院では、金属を一切使わないオールセラミックによる治療により金属アレルギーの心配は一切ありません。
セラミックで修復すると、セラミック自体の透明性を活かすことができ、天然の歯に似た色調を再現することができます。
また、金属を一切使わないので金属面が見えたり、歯と歯茎の間が黒くなりません。

03-5640-2561お気軽にお問い合わせください
活動報告
診療科目
  1. インプラント
  2. 一般歯科
  3. 予防歯科
  4. 歯周病治療
  5. 審美歯科
  6. ホワイトニング
  7. 顎関節症
  8. オールセラミック
page top